なぜ外国人講師なのか?

英会話スクールの講師って外国人講師が多いと思いませんか?
いや、実際英会話なんだから当たり前と言えば当たり前なんでしょうが。
でも、学校の授業みたいに日本人講師でも良いわけですよね。
ならば、なぜ外国人講師なのでしょうか。

やはり、大きな違いと言えば本場かどうかでしょう。
多少の訛りもあると思いますが、本来の発音やイントネーションがしっかりしてします。
講師として多いのが、アメリカ人やカナダ人、イギリス人などです。
本場の英語だからこそ、流暢な英語が出来るのです。
ネイティブな外国人講師と話す事で、自然と英語も覚えられます。
また、外国人ならではの言い回しとかもあるので、参考になるかもしれませんね。
普段は習わないような旅行で使うような文章も教えて貰えるのもメリットではないでしょうか。

逆に日本人講師だとどうなのでしょうか?
実際、日本人講師もいます。
しかし、流暢かと言われるとやはり本場の人よりかは劣ってしまいます。
ですが、日本人講師でいい点もあります。
例えば文法などを習う場合です。
文法の勉強をしていても、英語だと何の事か分かりませんよね。
特に私たち日本人は学生時代の英語の授業で習ったことを参考にしますよね。
そのため、教え方にも違いが出てくるのです。
英会話スクールには外国人講師だけでないのはそのためです。

もし、英会話スクールに通いたい場合は、何を学びたいのか、どの講師に習いたいのかをはっきりさせた方がいいかもしれませんね。
会話を学びたいなら外国人講師、文章を習いたいなら日本人講師、と言う風に分けた方がいいでしょう。
必ずしもその国々の先生がいいと言う訳ではありませんが、色々な点を考えると上記のような選び方も参考にしてみてください。






What's New

2012/03/30
おすすめ記事を更新。
2011/07/01
高齢者体験談を更新。
2011/07/01
年老いたを更新。
2011/07/01
スピードランニングを更新。
2011/07/01
英会話スクール情報を更新。
2011/07/01
ホームページリニューアル
高齢者体験談 | 英会話スクール情報 2011年12月02日


サイトメニュー

トップページ
スピードランニング
年老いた
高齢者体験談
サイトマップ

お勧め関連サイト


シェーン英会話
34年の実績、安心の月謝制

英会話スクールを評価する英会話スクール鑑定隊
英会話教室の情報だけではなく、英語についてのコラムや英会話学校ランキング、評価グラフ、体験レポート、生徒の口コミなどを紹介。

ウィキペディアの執筆者. “英語”. ウィキペディア日本語版. 2011-07-01. (参照 2011-07-01).
英語(えいご/ English language)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリスイングランド地方を発祥とする言語である。